AGA・抜け毛

年配の方だけではありません。若い男性の薄毛。

一般的に30~50代の中年男性にみられるAGA。AGA(Androgenetic Alopecia)=「男性型脱毛症」は、成人男性に多くみられる脱毛症なんです。
なんと、早い人は20代前半からAGAの症状が出始めます。50代以降の日本人男性は約1/4に発症するとされているんです。主な原因は遺伝や男性ホルモンの影響で、思春期頃から、額の生え際や頭頂部から髪の毛が薄くなっていきます。
特にAGAは進行性がありますので、「抜け毛が増えたかな」と思ったら、早めのケアが大切です!!

薄毛の原因

薄毛の原因 ・ホルモン(テストステロン)
男性ホルモン(テストステロン)は毛包の細胞質にある「5αリダクターゼ」という酵素により、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変換されます。
本来は男性の成長や発達を促すホルモンですが、思春期を過ぎると、悪玉男性ホルモンへと変化!
AGAやニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こすのです。

・ストレス
過剰なストレスを受けると頭皮への血流が悪くなり、毛根への栄養補給が妨げられます。栄養補給ができないと、毛髪の成長が邪魔され、ヘアサイクルが乱れると、毛髪が太くなる前に抜け落ちてしまうのです。

・遺伝
なんとも言えませんが、男性型脱毛症は遺伝によるものが多いそうです。

・食生活や生活習慣
なんと、普段の生活にも抜け毛の原因があるんですね。高カロリーや栄養不足、偏った食事、過度の飲酒や喫煙、運動不足などの生活習慣の乱れは、発毛の妨げです。インスタント食品やレトルト食品が当たり前の方は、見直す必要がありそうです。

薄毛治療って?

患者様の頭皮及び毛髪の状態を診察!状態に応じて最適な薄毛治療法を組み合わせてご提案します!
薄毛や脱毛症は原因も種類も個人によりけり。植毛する必要って本当にある!?という方もいらっしゃいます。
薄毛に気付いたらまず、自分の症状を調べるところから始めましょう。

AGA・抜け毛一覧へ戻る

人気キーワード

ハゲ遺伝 若ハゲ 若返り